お得価格がさらにお得になる、エクスペディアのクーポン入手方法

最近はさまざまな情報をインターネットでゲットして、さらにお得なお買い物を楽しむのが当たり前となっていますが、ぜひ利用したいのが「クーポン」ですよね。
クーポンは、何人かの人が集まると安くなったり、ある特定の方法で入手できたりとさまざまな方法で発行されています。
もちろん、「エクスペディア」でもクーポンを発行しています。 エクスペディアクーポンは、知る人ぞ知るといった感じで発行されていますので、その存在をまだ知らない人もいるかも知れません。
インターネットで検索すると、いろいろな情報が出てきます。
このクーポンはクーポンコードという形で発行されていて、予約時にこのコードを入力すると割引価格が適応されます。
この割引価格は、多い時では40%オフになることもあり、見逃せません。 歴史的な円高が続いているこの時期、海外旅行に出かけるチャンスです。「エクスペディア」のクーポンを利用して、ういたお金でブランドショッピングや美味しいものを食べるなど・・・さらにお得な旅をぜひ楽しんでください。

エクスペディアのお得価格がさらに割引になるクーポンの入手方法は、インターネット検索などからクーポンコードの情報を入手する以外にもあります。
それは、エクスペディアのメルマガに登録する方法です。 エクスペディアのメルマガに登録すると、メルマガ読者だけの特別クーポンや、割引情報、さらに出かけた先で役立つ旅行情報など、旅好きな人には見逃せない情報が送られて来ます。
これらの情報はサイトでは公開されていない特別な情報ばかりですので、海外旅行によく行く人や旅行に興味がある人は、登録して損はしないメルマガになります。 メルマガ以外にクーポンを入手できる方法として、フェイスブックや、ツイッターなどのサイトがあります。
これらのサイトではお得情報以外に、秘密のクーポン情報が掲載されることもありますので、こちらもぜひ見逃さないようにチェックしましょう。 クーポンは期間限定の内容が多いので、忘れずにしっかり利用してください。
すでに割引価格となっている価格をさらにお得にできるクーポンになります。
賢く利用して旅を思いっきり楽しみましょう。

結論。海外ホテルの予約をするなら、エクスペディアがオススメ

海外のホテルを予約するなら「エクスペディア」を利用するのが、賢い方法になります。
今は円高が進んでいますので、この時期にぜひお得な海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。 これまで海外旅行と言うと、ツアーで航空券やホテル、観光などがすべてパックになったものを選ぶ人が多かったようですが、最近は旅慣れた人も増えて来て、自分の好きな場所に好きな日程で行ける、自由旅行が人気を集めています。
エクスペディアを利用すれば、ツアーではなかなか宿泊できないような特別なホテルに泊まることも可能です。 サイトでは、目的地や日程、人数などによって希望の内容で簡単に検索することができます。
表示結果があまりにも多い場合には、価格、ホテルの設備、アメニティといった詳細情報で絞り込むことができますので、とても便利です。
どうしても譲れない条件がある場合には、先に検索条件に入れておくと良いでしょう。
宿泊した人のレビューも掲載されていますので、ぜひ参考にして自分に合ったホテルを選んでください。

LCCの料金は昨日と今日とでは料金が変動するのが当たり前です。
安い時もあれば、割高になっていることもあります。
また、LCCによって同じ路線でも価格が違うこともあるため、
それを自分で見極めて最安値を探し出すことは非常に難しいです。

しかしそんな難しいとされる最安値情報を一発で検索できる超便利なサイトがあります。
その名も「スカイチケット」です。
LCCを含めた航空会社の料金情報扱っているサイトで、航路情報や搭乗日を指定するだけで
検索時点の最安値情報を簡単に見つけることができます。

スカイチケットは本当に便利なサイトで、当日出発便でも検索できますから
チケットを取っていないけれど急な出張になった場合などでも、
沢山あるチケットの中から最安値を探すことができるのです。

さらにスカイチケットでは、検索した最安値情報をもとにその場でチケットの予約ができます。
ぼちっとボタンを押すだけで、チケット予約ができてしまうので
最安値を見つけてから、航空会社のサイトに行って予約するという手間はありません。
そのため、見つけた最安値情報を取り逃すことが無いのです。

ちなみにLCCのチケットは前述のとおり、変動料金制となっていますから
このスカイチケットを利用してある搭乗日の数か月前から検索し続けて、
どのあたりが一番安くなるかという調査にも使えます。
スカイチケットがあれば、高いチケットを購入するリスクも減りますし
安いチケットを探す手間も省けるので超便利なサイトと言って間違いないでしょう!
ホテルや旅館を探すときに複数の予約サイトをまとめて比較できる、
トラベルコやトリバゴを使っている人が多いと思います。
どちらも同じようなサイトだから、どっちでもいいやと思っていませんか?
使い勝手などを含めて、それぞれどんな違いがあるのか見てみました。

■トラベルコ

トラベルコは国内企業が立ち上げたサイトですが、国内外350以上の
旅行予約サイトと提携しておりホテルや旅館の比較だけでなく、
ツアーの検索ができるサイトです。

幅広く利用できるのがトラベルコのメリットと言えるかもしれません。
しかし幅広い機能が弊害となっているのか、トップページなどは
少しごちゃごちゃしていて目的の情報にたどり着くまで慣れが必要でしょう。

■トリバゴ

トリバゴはドイツの会社で国内外250以上の予約サイトと提携していて、
ホテル、旅館の比較ができるサイトです。
トラベルコと比べると、提携している予約サイトが少なく見えますが
これはツアーの検索が無く純粋に宿泊施設のみに絞り込んでいるからです。

トラベルコに比べると、トリバゴは宿泊施設のみに特化した検索なので
トップページなどはすっきりしていて使いやすいです。

■何を探すかで使いわける

トラベルコとトリバゴのどちらが使い勝手が良いかという点ですが、
ホテルや旅館だけの検索であればトリバゴがスムーズな使い方ができるでしょう。
ツアーも含めて検索したい場合は、トラベルコがイイでしょう。
何を探すかによって、使い分けるのが賢い方法かもしれません。
ディズニーホテルのミラコスタは半年先からの予約ができるのですが、
半年先であっても満室状態が続いているため、簡単に予約を取ることができません。
ディズニーの直営ホテルなだけあってかなりの人気となっています。

そんなホテルミラコスタですが、予約代行というサービスがあります。
これは中々予約が取れないホテルミラコスタの予約を代わりに行ってくれる業者のことで、
手数料を支払うことで予約が取れるというものです。

お金を払えば予約が取れるの?確実に?と思うじゃないですか、そうなんです
このサービス色んな業者が請け負っているのですが、ちょっと怪しいんです。
そもそも予約を取ろうと思っても中々取れない状態のホテルミラコスタなのに、
お金を出せば予約が取れるなんて不思議ですよね。

でもこのサービスを利用することでホテルミラコスタの予約が取れた、
という人も実際にはいますし利用者は結構多いようです。
手数料はそれなりに掛かりますので、宿泊費と合わせるとかなりの出費になります。
ただ確実に予約が取れるというわけではないので、注意したほうが良いでしょう。

できればこのようなサービスを利用するのではなく、キャンセル待ちを狙った方が
トラブルなどに巻き込まれることなく予約できるでしょう。
キャンセル待ちは3週間前ぐらいから予約サイトをチェックしておくといいです。
キャンセル料金が掛かる前にキャンセルする人が多いので、キャンセルの増える時期が
対象日の3週間前~2週間前までとなります。

予約代行を使った方が便利じゃないの?と思う人は自己責任で試してみましょう。
ツアー旅行を探していると格安ツアーを見かけることがありますが、
そもそも格安ツアーはどうして格安なのでしょうか?
格安だからとツアーに申し込みをしたら、ホテルがしょぼかったり
添乗員のサポートが適当だったりすることがあります。

では、どうして格安でツアーを組むことができるのか見てみましょう。
1.大手旅行会社が抱えているホテルや航空機などの空きを埋めるため
2.大手旅行会社が客寄せのために、格安価格で売り出している
3.中小の旅行会社が、常に販売している格安ツアー

上記の1と2は大手が企画したもので、出発日が平日だったり
飛行機の時間帯が早かったりするだけなのでツアーの中身的には問題ないでしょう。
気になるのは3の中小が企画している格安ツアーです。
中小の旅行会社は大手と競争するためには、価格で勝負するしかないので
少しでも安くして客を獲得しようとします。

格安にするためには直前まで飛行機の便が決まっていなかったり、
宿泊するホテルが決まっていない等の特徴があります。
またサポートに必要な添乗員の質が悪かったり、人数が少ないといったことでも
経費を節約しようとします。

これらの格安ツアーに参加してしまうと、多くのケースで参加者は不満を抱きます。
そのため、問題のツアーに参加しないようにするためには、何よりも企画している
ツアー会社がどこなのかを確認することです。
名前も聞いたことが無いような中小旅行会社の場合は要注意と思っていいでしょう。
HISやJTBなどの大手が販売している格安であれば、まず問題は無いと言えます。
旅行ツアー会社が提供しているパッケージの中に、モニターツアーという
名称になっているツアーを見かけたことは無いでしょうか。
モニターツアーとは、旅行会社が提供するツアーに参加してアンケートに答える形で
ツアーの内容を旅行会社にフィードバックして行く形の旅行です。

通常のツアーに比べると格安になっていて、大きく分けると自治体や観光協会などが
主体となって費用の一部を負担しているツアー、もう一つは旅行会社が主体となって
ツアーを組んでいるケースになります。

前者の場合は、アンケートの記入について少々手間がかかる部分があると言われています。
逆に後者の場合は、ほぼ完成したツアーへの参加となるのでアンケート内容は
それほど煩わしいことはなく簡易なものとなります。
また、会社が自信を持って販売しようとしているパッケージになるので、
参加するという面では安心できると言えるでしょう。

どちらにしても旅行代金という面で見ればお得な価格でツアーに参加できますので、
アンケートへの記入を面倒だと思わないようであれば参加してみてはどうでしょうか。
ツアーの広告にはどのようなアンケートになるか概要レベルで記載されていますので、
面倒かどうかは判断が付くと思います。

ただし、格安になっているにはアンケートだけではなく自由時間が少なかったり
シーズンオフだったり、通常のツアーに比べると制限が掛かることがあります。
それでも問題ないと思える場合は、参加するに越したことは無いでしょう。
宿泊施設を考えた場合、予算をできるだけ安くするためにはホテルか民泊か
どちらを選べばいいのでしょうか?
ホテルは高く民泊は安いというイメージがありますが、本当にそうなのか見てみましょう。

まずホテルは平日、土日、繁忙期などによって宿泊料金が変動します。
安い時はかなりお得な料金になりますが、たいてい旅行する日程では多くの人が
土日や繁忙期など高い時に利用することになります。
逆に民泊の場合、平日、土日、繁忙期で若干の料金変動はありますが、
ホテルや旅館ほどの変動は見られません。

そして料金に直結するのが利用人数です。
ホテルや旅館は一人当たりの料金となるので、利用する人が多ければ多いほど
総額は膨らんでいきます。
airbnbを使った民泊の場合、利用人数に関係なく1泊分の料金は変わりませんから
利用人数が多ければ多いほど1人当りが安くなっていく仕組みです。

特にホテルのようなサービスを必要としない場合は、民泊の方がお得になるでしょう。
例えばホテル、民泊とも1泊3万円だとすれば、以下のような計算になります。
ホテル:1人3万円、2人6万円、3人9万円、4人12万円
民泊:1人3万円、2人3万円(1人当たり1.5万円)、3人3万円(1人当たり1万円)、4人3万円(1人当たり7500円)

このように支払総額がホテルと民泊とでは大きな違いが出てきます。
4人で宿泊するのに、合計12万円と3万円とでは4倍もの差が出ることになりますから、
民泊がいかにコスパに優れているかが分かります。
「エアトリ」というオリエンタルラジオがテレビCMで宣伝していますが、
「エアトリ」とはいったい何のサービスなのか知っていますか?
エボラブルアジアという会社が運営し総合旅行プラットフォームと呼ばれていて、
国内航空券をメインに、全航空キャリアの価格を一括で比較できるスマホアプリです。

つまり国内の飛行機チケットの中で一番安い価格を瞬時に検索できる、
という優れもののサービスなのです。
出発場所、到着場所、日付、人数を入力して検索すれば、
全ての航空会社のチケットが表示され一番安いチケットが直ぐに確認できます。

レガシー航空会社はもちろん、LCCにも対応しており検索で出てきたチケット情報は
アプリから直接購入することができます。
クレジットカード決済に対応していて、購入に応じてエアトリのポイントが貯まります。

貯まったポイントはエアトリで使用できますが、それだけでなくTポイント、アマゾンギフト券、
Gポイントなどの各種ポイントに交換も可能です。
エアトリを使うことで、その時、その場所での最安値が簡単にわかるので
色んなサイトを巡ってどこが一番安いのかを調べるよりも手間が省けますから、
非常に便利なアプリですし、その場で購入できるのは助かるサービスでしょう。

なお、オリエンタルラジオのCMは高速ラップになっていて、パーフェクトヒューマンと
同じように売り出すことを想定しているのかもしれません。
海外旅行に行くときに注意すべき点は様々ありますが、
特に日本人は日本にいるときと同じ感覚でいることは危険だと言われています。
日本で通用することでも、海外では通用しない事が多くあります。
その一つに服装や持ち物があり、これを間違ってしまうと犯罪に巻き込まれるなど
トラブルの原因となりかねません。

それはおしゃれに拘らない事です。
日本人の多くはブランド物の服装やバックなどを持って海外旅行に行くことを、
問題だと思わない風潮があります。
しかし海外でブランドの服を着たり、バックや時計をしていると
お金を身に着けて歩いていると見られることがあります。

そうなると現金も多く持っているのでは?ということになり、拉致されたり
盗難被害に遭ってしまうことがあります。
おしゃれの基準は人それぞれなので難しいところはありますが、
できるだけブランド物を身に着けるのは避けたほうが良いでしょう。

先進国、途上国、都市部などに関係なく、できるだけ避けましょう。
旅行者と思われるだけでも海外ではリスクが増大してしまいますから、
目立つようなことは可能な限り無くすことが大事です。

せっかくの旅行なのにおしゃれできないなんて!と思うかもしれません、
特に新婚旅行などではおしゃれをしたいと思うものですが、
犯罪に巻き込まれてしまっては本末転倒になりますので、ほどほどの服装にして
派手じゃない、目立たないということを意識すればいいでしょう。

アバンティリゾートクラブが破産。

またしてもツアー旅行を手掛けている会社が倒産しました。
会社名はアバンティリゾートクラブで、負債総額は5億円近くになるようです。
そのうち一般旅行者は1128名で、約6500万円になるとのことです。
この数字は今後の調査によって変動する可能性があるようなので、
予断を許さない状態はしばらく続きそうです。

てつみくらぶの破産に比べるとその額は少ないと思うかもしれませんが、
被害に遭った旅行者にとっては被害額など関係ありませんし、
この点の破産が続くと利用者の不安は大きくなる一方で、安易な利用が
できなくなると考える人も出てくるでしょう。

てるみくらぶのような詐欺罪に問われるような動きはないようですが、
倒産の原因としては、利用者の旅行予約方法が多様化したことによる経営悪化と
韓国や国内旅行を中心のツアーに切り替えていたものの、業績不振に歯止めを
掛けられなかったこと等としています。

アバンティリゾートクラブの弁済業務保証金限度額は7000万円となっており、
どのような配分で救済されるかは分かりませんが、一般利用者としては
自分の支払ったお金が戻ってこないかもしれないと不安になっていることでしょう。

今後も旅行予約の多様化はますます進んでいくと思われますので、
このようなツアー会社の倒産は増えていくのではないでしょうか。
一番の問題は倒産したときに一般利用者が被害に遭うことに他なりません。
そのあたりの救済処置をより確実なものになるように、改善していくことが
旅行業界にとっては可及の課題と言えるでしょう。
エクスペディアの日本向けサイトが行っていた最低価格保証サービスが
2017年10月17日をもって終了となりました。
最低価格保証とは、エクスペディアでホテルを予約した後、24時間以内に
同じホテルでより安く予約できる他の旅行サイトがあった場合は、
2万円を上限として差額の2倍を返金するというサービスでした。

付帯条件として、1旅程について1回で1か月につき1回に限られており、
さらにエクスペディアで予約した部屋タイプ、プラン、返金ポリシー、
チェックイン日、チェックアウト日などが完全に一致していないとダメでした。

このサービス、言ってることはものすごく良心的なように見えますが、
実際にこの条件に一致するのを調べるのは非常に手間がかかります。
ちょっと高いかも?と思ってみてもプランに若干の差があったり、
チェックアウト日が違っているなどがあるわけです。

しかも法人割引、団体割引および一般に提供していないクーポンを
使用している場合は対象外となっているなど制約がありすぎて
殆ど意味のないサービスだったんですね。
むしろこのサービスを続けることで、結局返金されないケースのほうが
多いんじゃないかというマイナスイメージを持つ人が多かったのでしょう。

ホテルの料金ってそんなに大きく違わないというのもありますし、
ややこしい返金サービスは提供する側、利用者ともにメリットが少ない
ということにようやく気が付いたのではないでしょうか。