お得価格がさらにお得になる、エクスペディアのクーポン入手方法

最近はさまざまな情報をインターネットでゲットして、さらにお得なお買い物を楽しむのが当たり前となっていますが、ぜひ利用したいのが「クーポン」ですよね。
クーポンは、何人かの人が集まると安くなったり、ある特定の方法で入手できたりとさまざまな方法で発行されています。
もちろん、「エクスペディア」でもクーポンを発行しています。 エクスペディアクーポンは、知る人ぞ知るといった感じで発行されていますので、その存在をまだ知らない人もいるかも知れません。
インターネットで検索すると、いろいろな情報が出てきます。
このクーポンはクーポンコードという形で発行されていて、予約時にこのコードを入力すると割引価格が適応されます。
この割引価格は、多い時では40%オフになることもあり、見逃せません。 歴史的な円高が続いているこの時期、海外旅行に出かけるチャンスです。「エクスペディア」のクーポンを利用して、ういたお金でブランドショッピングや美味しいものを食べるなど・・・さらにお得な旅をぜひ楽しんでください。

エクスペディアのお得価格がさらに割引になるクーポンの入手方法は、インターネット検索などからクーポンコードの情報を入手する以外にもあります。
それは、エクスペディアのメルマガに登録する方法です。 エクスペディアのメルマガに登録すると、メルマガ読者だけの特別クーポンや、割引情報、さらに出かけた先で役立つ旅行情報など、旅好きな人には見逃せない情報が送られて来ます。
これらの情報はサイトでは公開されていない特別な情報ばかりですので、海外旅行によく行く人や旅行に興味がある人は、登録して損はしないメルマガになります。 メルマガ以外にクーポンを入手できる方法として、フェイスブックや、ツイッターなどのサイトがあります。
これらのサイトではお得情報以外に、秘密のクーポン情報が掲載されることもありますので、こちらもぜひ見逃さないようにチェックしましょう。 クーポンは期間限定の内容が多いので、忘れずにしっかり利用してください。
すでに割引価格となっている価格をさらにお得にできるクーポンになります。
賢く利用して旅を思いっきり楽しみましょう。

結論。海外ホテルの予約をするなら、エクスペディアがオススメ

海外のホテルを予約するなら「エクスペディア」を利用するのが、賢い方法になります。
今は円高が進んでいますので、この時期にぜひお得な海外旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。 これまで海外旅行と言うと、ツアーで航空券やホテル、観光などがすべてパックになったものを選ぶ人が多かったようですが、最近は旅慣れた人も増えて来て、自分の好きな場所に好きな日程で行ける、自由旅行が人気を集めています。
エクスペディアを利用すれば、ツアーではなかなか宿泊できないような特別なホテルに泊まることも可能です。 サイトでは、目的地や日程、人数などによって希望の内容で簡単に検索することができます。
表示結果があまりにも多い場合には、価格、ホテルの設備、アメニティといった詳細情報で絞り込むことができますので、とても便利です。
どうしても譲れない条件がある場合には、先に検索条件に入れておくと良いでしょう。
宿泊した人のレビューも掲載されていますので、ぜひ参考にして自分に合ったホテルを選んでください。

LCCは既に市民権を得ていると言っても良いほど、利用率が高くなっており
便数や就航数も年々増加しています。
安さが売りのLCCですが、人によってはLCCは「安かろう悪かろう」だから
使わないという意見を持っています。
では、本当にLCCは「安かろう悪かろう」なのか見てみましょう。

■安いのには理由がある

安かろう悪かろうと言いますが、安いのには理由があって当然です。
それを悪かろうという言葉で断罪していいのか?という疑問があります。
どうして安いのか、それは経費を限界まで切り詰めて無駄をなくしているからです。

LCCを利用する1番の理由は「安さ」ですから、どうして安いのかを理解していれば
悪かろうという意見になるのがおかしいとも言えます。
経費を節約しているという前提を知った上で「悪かろう」と言ってしまうなら、
最初から利用しなければいいのです。

■何をどこまで我慢できるか

LCCを利用するなら何をどこまで我慢できるかが問題になります。
狭いのは嫌だ、荷物で追加料金を取られるのが嫌だ、座席指定できないのはつらい、
といったことがあるならLCCを利用すべきではありません。
安いんだからサービスが限定的になるのは仕方のない事なので、
我慢できないならLCCを使わないほうが良いでしょう。

■満足度をどこで判断するか

飛行機を利用する際に、満足度をどこで判断するかも重要なポイントです。
機内サービスの充実を求めるなら、LCCではなくレガシー航空を利用すべきですし
それを持ってLCCが「安かろう悪かろう」というのはお門違いでしょう。
逆に安さに満足感を求めるなら、LCCは最適な移動手段だと思います。
海外旅行の行先として中国を選ぶ日本人は多いです。
観光地も沢山ありますし、何より本場の中華料理を楽しめるのは日本人にとって
旅行先に中国を選ぶ理由として大きなウェイトを占めていることでしょう。

そんな旅行先として魅力的な中国ですが、衝撃的な問題が発生しました。
それは中国の5つ星ホテルで「トイレを拭いたタオルでコップを拭いていた」
という問題です。

根本にあるのはベッドメイキングをするのに、短時間で数多くの部屋を
処理することで報酬が増えるという仕組みのために、できるだけ無駄を省くために
掃除に使用するタオルを使い分けていなかったというものです。

速く掃除したいのはわかりますが、こんなことをされてしまったら
利用する側としては「もう絶対に信用できない!」と思ってしまいます。
いくらグルメが美味しくても、観光地に魅力があっても、宿泊施設で
こんなことが行われていれば旅行先として中国を選ぶのは難しくなるでしょう。

問題は従業員のモラル低下もありますが、ホテル側がこういった問題を
把握できておらず告発のような形で発覚したことです。
5つ星ホテルでこういうことがあれば、それ以外のホテルではもっとひどい事が
行われていると考えてイイでしょう。

信用を築き上げるのは時間がかかりますが、5つ星というホテルのランクがあっても
信用を失うのは一瞬だということを理解しなければなりません。
こういう話を聞くと「やっぱりな」と思う日本人がいるのも事実ですし、
中国=クオリティが低いという図式が復活してしまうのは残念なことです。

ラブホテルを嫌う女性は潔癖症なのか?

ラブホテルを嫌う女性は結構な割合でいると言われています。
その理由としてよく耳にするのが「ベッドやお風呂が汚く感じる」というものです。
つまり他人がどんな目的で使ったか分かってる部屋に入りたくない
というのが多いようですが、それ以外にもいくつかの理由があるようです。

■閉塞感を感じる
ラブホテルの部屋は多くが窓がない、窓があっても開かないのが普通です。
そういう意味で閉塞感を感じるのは普通のことですが、それが嫌だという
女性は意外と多いようです。

■罪悪感を感じる
ラブホテルに行く目的は1つですから、そのことに対して罪悪感や背徳感を
抱いてしまう女性が少なからずいるようです。
両親に対して申し訳ないという気持ちになるケースです。

■治安が悪いエリアが多い
ラブホテルは表通りではなく裏路地のような場所に固まって立地しているので、
治安という面では良いとは言えないかもしれません。
暗い、怖い、というイメージがあって行きたくないと思うのでしょう。

■部屋に清潔感が感じられない
どう考えてもラブホテルでやることは1つなので、不特定多数の人たちが
使ったベッドやお風呂は掃除されていても不潔に感じてしまうようです。
これは女性が潔癖であったり、綺麗好きな人だけが感じているわけではなく
多くの人は何となく感じていることのようです。
表情には出さなくても、人の使った部屋は嫌だなと思う女性が多いのでしょう。
飛行機に搭乗すると、季節や時間帯によっては空席が目立つことがあります。
LCCの場合、座席指定しようとすれば追加料金の発生するケースが多いので、
人によっては座席指定せずに利用している人もいるでしょう。

そこで空席が目立つような場合に、席替えしてもいいのか?という疑問がわくと思います。
結論から言えば、席替えは「可能」です。
できれば窓際がいいとか、通路側がいいという人もいると思いますが、
あまりに空席が目立つようであればCAさんに一声かけてみましょう。

飛行機が飛び立つ前はバタバタしていることが多いので、離陸して高度がある程度上がって
安定飛行になってからCAさんに相談するとイイでしょう。
空席がある場合は、殆どのケースで席の移動は認められると思います。

ただし、座席のグレードがアップするような移動は認められません。
追加料金を支払ってのグレードアップとなりますから、そのまま席替えは無理です。
LCCはレガシー航空に比べると座席のピッチ幅が狭いので、荷物を横の空いた席に置くなど
少しでも広く使いたい人は多いでしょう。

利用者数の少ない時間帯や季節に乗る場合は、便利に利用できそうな
空き座席がないかどうかチェックしてみましょう。
なお、LCCだけでなくレガシー航空でも同じように空き座席への移動は殆どのケースで
認められるようですので、積極的に声掛けしてみましょう。

ただ注意しなければいけないのが、周りの迷惑になるような座席の移動は
慎むべきだということです。
彼女とはじめてのお泊り旅行に行くことになった。
そんな時の宿泊先が「ラブホテル」というのはありなのでしょうか?
男女それぞれの目線があると思いますが、ここでは女性目線に立ってみて
宿泊先が「ラブホテル」をどう感じるのかを見てみましょう。

■はじめての宿泊旅行でラブホテルはありえない

さすがにはじめての宿泊旅行でラブホテルはありえないでしょう。
お泊り旅行に行くということは、泊まることも含めての旅行となりますから
普通のホテルや旅館などを宿泊先に選ぶべきです。

ラブホテルは宿泊料金も安いですし、部屋の施設的なものも充実していますが
どうみても目的が絞られてしまうので女の目から見ればドン引きするでしょう。

■ラブホテルでの宿泊は旅行ではない

ラブホテルでの宿泊は旅行とはいえません。
というのも、前述のように宿泊することを含めての旅行なので、
どこにでもあるラブホテルで泊まるのは、旅行で味わえる滞在先での食事なども
完全に無視していることになります。

■総評

女性からすれば、短に体目的で旅行に行こうとしているのでは?と
強く思ってしまうことでしょう。
車での旅行ならラブホテルに泊まるのは一番安上がりかつ手軽ですが、
ムードもぶち壊しになるのは当然の結果と言えそうです。

例えば、数年間付き合っていてお互い結婚などを意識する仲であれば、
食事やアクティビティにお金をかける代わりに、宿泊先をラブホテルにする
という選択は「あり」かもしれません。
ただ、そういう場合でも事前に相手の了承を得ておくのは言うまでもありません。

東京で一番高級なホテルってどこ?

世界的にも高級ホテルが数多くある東京ですが、そんな東京でも
一番高級なホテルはどこなのか、一番を決めるのは難しいので
高級ホテルの中でもレベルが高くオススメできるホテルを
3つ調べてみましたので参考にしてください。

■ザ・ペニンシュラ東京 

立地は丸の内エリアにあり、地下鉄日比谷線直結となっています。
外国人観光客の利用も多いですが、ホテルのホスピタリティを感じながら
ゆっくり滞在するのに適したホテルと言えます。

ホテルが提供するプロモーションなどを楽しむことをもくてきとして、
イベントなども満喫できるでしょう。

客室はスィート5種類を含む10種類のタイプになっています。
室内は広々としていて、居心地は最高です。

■アマン東京

アマン東京は大手町タワー38階のうち、最上層の6階部分にあるホテルです。
東京駅から徒歩5分で地下鉄大手町駅に直結しているという、利便性に優れています。
ロビーは驚くほど広々としており、石庭や生け花を添えた池があるため開放的です。

客室はスィート3種類を含む6つのタイプに分けられており、
東京が一望できる部屋となっています。
天気の良い日であれば富士山を眺めることもできるようです。

■帝国ホテル

言わずと知れた高級ホテルの代名詞「帝国ホテル」です。
1890年明治23年に開業で、元は迎賓館としてオープンしました。

チャーリーチャップリン、マリリンモンロー等の大スターも宿泊し
歴史あるホテルとして日本を代表すると言えるでしょう。
LCCの料金は昨日と今日とでは料金が変動するのが当たり前です。
安い時もあれば、割高になっていることもあります。
また、LCCによって同じ路線でも価格が違うこともあるため、
それを自分で見極めて最安値を探し出すことは非常に難しいです。

しかしそんな難しいとされる最安値情報を一発で検索できる超便利なサイトがあります。
その名も「スカイチケット」です。
LCCを含めた航空会社の料金情報扱っているサイトで、航路情報や搭乗日を指定するだけで
検索時点の最安値情報を簡単に見つけることができます。

スカイチケットは本当に便利なサイトで、当日出発便でも検索できますから
チケットを取っていないけれど急な出張になった場合などでも、
沢山あるチケットの中から最安値を探すことができるのです。

さらにスカイチケットでは、検索した最安値情報をもとにその場でチケットの予約ができます。
ぼちっとボタンを押すだけで、チケット予約ができてしまうので
最安値を見つけてから、航空会社のサイトに行って予約するという手間はありません。
そのため、見つけた最安値情報を取り逃すことが無いのです。

ちなみにLCCのチケットは前述のとおり、変動料金制となっていますから
このスカイチケットを利用してある搭乗日の数か月前から検索し続けて、
どのあたりが一番安くなるかという調査にも使えます。
スカイチケットがあれば、高いチケットを購入するリスクも減りますし
安いチケットを探す手間も省けるので超便利なサイトと言って間違いないでしょう!
ホテルや旅館を探すときに複数の予約サイトをまとめて比較できる、
トラベルコやトリバゴを使っている人が多いと思います。
どちらも同じようなサイトだから、どっちでもいいやと思っていませんか?
使い勝手などを含めて、それぞれどんな違いがあるのか見てみました。

■トラベルコ

トラベルコは国内企業が立ち上げたサイトですが、国内外350以上の
旅行予約サイトと提携しておりホテルや旅館の比較だけでなく、
ツアーの検索ができるサイトです。

幅広く利用できるのがトラベルコのメリットと言えるかもしれません。
しかし幅広い機能が弊害となっているのか、トップページなどは
少しごちゃごちゃしていて目的の情報にたどり着くまで慣れが必要でしょう。

■トリバゴ

トリバゴはドイツの会社で国内外250以上の予約サイトと提携していて、
ホテル、旅館の比較ができるサイトです。
トラベルコと比べると、提携している予約サイトが少なく見えますが
これはツアーの検索が無く純粋に宿泊施設のみに絞り込んでいるからです。

トラベルコに比べると、トリバゴは宿泊施設のみに特化した検索なので
トップページなどはすっきりしていて使いやすいです。

■何を探すかで使いわける

トラベルコとトリバゴのどちらが使い勝手が良いかという点ですが、
ホテルや旅館だけの検索であればトリバゴがスムーズな使い方ができるでしょう。
ツアーも含めて検索したい場合は、トラベルコがイイでしょう。
何を探すかによって、使い分けるのが賢い方法かもしれません。
ディズニーホテルのミラコスタは半年先からの予約ができるのですが、
半年先であっても満室状態が続いているため、簡単に予約を取ることができません。
ディズニーの直営ホテルなだけあってかなりの人気となっています。

そんなホテルミラコスタですが、予約代行というサービスがあります。
これは中々予約が取れないホテルミラコスタの予約を代わりに行ってくれる業者のことで、
手数料を支払うことで予約が取れるというものです。

お金を払えば予約が取れるの?確実に?と思うじゃないですか、そうなんです
このサービス色んな業者が請け負っているのですが、ちょっと怪しいんです。
そもそも予約を取ろうと思っても中々取れない状態のホテルミラコスタなのに、
お金を出せば予約が取れるなんて不思議ですよね。

でもこのサービスを利用することでホテルミラコスタの予約が取れた、
という人も実際にはいますし利用者は結構多いようです。
手数料はそれなりに掛かりますので、宿泊費と合わせるとかなりの出費になります。
ただ確実に予約が取れるというわけではないので、注意したほうが良いでしょう。

できればこのようなサービスを利用するのではなく、キャンセル待ちを狙った方が
トラブルなどに巻き込まれることなく予約できるでしょう。
キャンセル待ちは3週間前ぐらいから予約サイトをチェックしておくといいです。
キャンセル料金が掛かる前にキャンセルする人が多いので、キャンセルの増える時期が
対象日の3週間前~2週間前までとなります。

予約代行を使った方が便利じゃないの?と思う人は自己責任で試してみましょう。
ツアー旅行を探していると格安ツアーを見かけることがありますが、
そもそも格安ツアーはどうして格安なのでしょうか?
格安だからとツアーに申し込みをしたら、ホテルがしょぼかったり
添乗員のサポートが適当だったりすることがあります。

では、どうして格安でツアーを組むことができるのか見てみましょう。
1.大手旅行会社が抱えているホテルや航空機などの空きを埋めるため
2.大手旅行会社が客寄せのために、格安価格で売り出している
3.中小の旅行会社が、常に販売している格安ツアー

上記の1と2は大手が企画したもので、出発日が平日だったり
飛行機の時間帯が早かったりするだけなのでツアーの中身的には問題ないでしょう。
気になるのは3の中小が企画している格安ツアーです。
中小の旅行会社は大手と競争するためには、価格で勝負するしかないので
少しでも安くして客を獲得しようとします。

格安にするためには直前まで飛行機の便が決まっていなかったり、
宿泊するホテルが決まっていない等の特徴があります。
またサポートに必要な添乗員の質が悪かったり、人数が少ないといったことでも
経費を節約しようとします。

これらの格安ツアーに参加してしまうと、多くのケースで参加者は不満を抱きます。
そのため、問題のツアーに参加しないようにするためには、何よりも企画している
ツアー会社がどこなのかを確認することです。
名前も聞いたことが無いような中小旅行会社の場合は要注意と思っていいでしょう。
HISやJTBなどの大手が販売している格安であれば、まず問題は無いと言えます。