2012年12月アーカイブ

agodaの事前予約で激安価格

Agodaは世界各国のホテル26万件以上の
ホテル予約ができるオンラインサービス会社です。
中でもアジア太平洋地域では9000件以上あるホテルの空室状況が
すぐに分かるのでアジア旅行を計画する際には非常に便利です。
また、海外だけではなく日本のホテルも探すことができるので
国内旅行の際にも一度ホテルを検索してみると
最低価格で宿泊することができるでしょう。

今までの利用者は世界中で400万人以上となっており
最低価格でホテル宿泊したいなら見逃せないサイトです。
また、予約をするとポイントが貯められるので
利用を重ねるたびにお得に旅行が楽しめるようになります。

海外の予約サイトですが、Webサイトは日本語対応ですし
予約は全て日本語で行なえます。
もちろんキャンセルや問い合わせは日本語対応できるので
英語が話せない方でも安心して利用できます。

ツアーを選ぶときには候補は複数持とう

次の連休を利用して海外旅行に行こうと思ったとき
「絶対に北欧に行く!」や「絶対にパリ!」などと決めるのではなく
オーストラリア、バリ、イタリアもいいな、候補を複数用意しましょう。

そして、これはお得かな、これは面白そうと思ったものを
ピックアップしていきましょう。
そして一つ一つ向き合ってみると、その中から
一番理想の内容に近く、納得の行く価格のツアーとなると
1つか2つに減ってしまうでしょう。

ツアーが決まったらさっそく申し込みます。
ただし、キャンセル料が発生するギリギリまで最終決定ではありません。
必ずキャンセル料が発生するリミットを確認しておきましょう。
申し込んだ後に、もっと魅力的なツアーが販売されるかもしれないからです。
他にいいツアーはないかな、と探し続けることも忘れないようにしてください。
家族4人で海外旅行代金が60万円の場合、2%安くなれば
1万2000円が浮くことになります。
一人頭5000円を安くする禁断の裏技があります。

それが、金券ショップを使うという方法です。
大手旅行代理店の店舗に行くと、JTB、日本旅行、近畿日本ツーリストなどでは
自社のパンフレットのほか、別の会社のパンフレットも置いてあります。
ここで、希望しているツアーを申し込めるか、JTB旅行券で支払えるかを
確認してみてください。

もし希望しているツアーの会社と契約をしていれば
新聞広告やネット販売などで売られているツアーを
JTBを通して申し込むことができるのです。

JTBの旅行券は金券ショップで97~98%で売られています。
旅行の額面を金券ショップで買えば2%を減らし
一人頭5000円安く旅行ができるという計算です。
パンフレットに「五つ星ホテル」と記載されていると
どんな高級ホテルに宿泊できるんだろう!?と期待が高まります。

しかし、実際のところ「五つ星ホテル」と記載されている場合には
宿泊先のホテルが決まっていないという意味です。

そもそも「五つ星ホテル」と言う基準もとても曖昧なものです。
現地の政府観光局などが下した評価の場合もあれば
旅行代理店の独自の評価の場合もあります。
A社では「五つ星ホテル」でもB社では「四つ星ホテル」ということもあります。

また「同等クラス」というのも曖昧です。
「五つ星ホテル」、「同等クラス」と書かれていたら
一体どのホテルに宿泊できるかは不明です。
本当にホテル宿泊をイチオシにしたツアーの場合は
ホテル名を明記しますので、覚えておきましょう。

「など」表記に騙されるな

パンフレットに記載されている「シャンゼリゼ通り、など」という文言。
この「など」という表記に期待が高まりますが
「など」と書かれている場合は、「シャンゼリゼ通りのみ」という意味です。

なぜ、シャンゼリゼ通りしか訪れないのに「など」と記載されるかというと
外から建物を見るだけの外観観光や、バスの中から見る車窓観光も
「見れるもの」としてカウントされているからです。
パンフレットには書かれていないけれど、○○に行くなら
当然××にも立ち寄るよね~と期待しないようにしましょう。

またパンフレットに書かれている「○時間」というのは
その観光地で使える時間ではありません。
ホテルを出てから観光が終わるまでの時間を指します。
2時間、3時間など書かれていれば、たっぷり見れると
勘違いしてしまいますが、観光地への滞在時間は30分ということもあります。
事前に確認しておきましょう。

思わぬ自由時間に備えておこう

旅行会社は約束したツアーを100%実行できるように
旅行計画を組み立てています。
ですから何らかのトラブルに備えて若干の余裕を持たせています。
では余った時間はどうなるでしょうか?
お土産でも見る?カフェで一休みして疲れを取る?
何も考えていないと、いきなり自由時間!と言われても
困ってしまいます。
せっかくの海外旅行なのに、無為な時間が出来てしまうのです。

ですから思わぬ自由時間に備えておく必要があるのです。
ツアーの行き先が決まったら、行き先に合わせて
ちょっとの時間があったら行きたいところをリストアップして
行き方や休日、料金などを事前に調べておきましょう。

予定外の空き時間が発生するのは参加人数が少ないときです。
参加人数が少ないと、集合時間に遅れる人も少なく
トイレ休憩、点呼などもスムーズにすすみます。
バスの乗り降りにかかる時間も短時間ですし、自由時間が発生しやすくなります。

新規路線は超激安ツアーのチャンス!

日本と海外を結ぶ新路線ができたときには
超激安価格でツアーに行くチャンスです。

なぜ、ツアー価格に影響が出るのかというと
航空会社が新路線開発の需要を掘り起こすために
積極的に安い価格で航空券を売り出すからです。

ですから新路線が誕生すると人気の観光地と結びつけた
激安価格でお得なツアーが出回るのです。
こうした激安価格のツアーは新聞広告などで
販売が始まることがほとんどです。

これはパンフレットを作った投書には予定していなかった商品のため
新聞などをメインに販売をかけるのです。
なんと20万円以上が当たり前のツアーが
17万円台で登場などお得な価格で販売されることもあるので
見逃さないように様々な媒体から激安ツアー情報を仕入れましょう!

他社の旅行会社説明会に行ってみよう

自分が行きたい観光地が決まった。
どうしても行きたい場所がある。
でも第一候補のツアーにはない。
そんなときには自分が行くつもりはない他社のツアーの
説明会に行ってみましょう。

説明会では、ツアーを売り込むために「良いこと」しか言いません。
そこで自分が希望しているツアーのパンフレットを出し
このツアーと併せて検討していますと伝えてみてください。

そうすると「ここだけの話ですが...」とプロ目線の本音が
飛び出すことがあります。
話し次第では「まぁ無理していく必要ないな」や
「やっぱりどうしても見に行きたい!」と思うかもしれません。

ツアーに入っていない場合には自由時間やランチをパスするなど
時間を工面することで訪れることが可能かもしれません。
自由旅行向けのガイドブックなどを見れば
行き方を調べれば自分一人でも行ける場合があります。

hotels.comでホテルを予約

hotels.comは世界最大級の150,000軒の予約ができ
650万人以上のレビューで、日本語による年中無休の電話サポートと
大変便利にお使いいただける宿泊サイトです。

hotels.comでは価格保証プログラムというサービスがあります。
別のサイトで同じホテルが安い料金で紹介された場合
差額を返金もしくは予約キャンセルができます。
予約日の24時間以内という制限もないので
予約してから2ヶ月後でも価格保証が受けられます。

沢山のホテルに対応しているため、急な出張にも便利ですし
急に休みが取れて直前にホテルを予約したいときにも便利です。
お得なプランも沢山紹介されているのでマメにチェックするのがオススメです。
激安ツアーで旅行にいけてお得!
ところが、実際に訪れてみると中身がないスカスカの旅行だった。
後悔ばかりが残ってしまった......と、いうことがあります。
激安価格とはいえ、安くはない金額を支払い、せっかく海外へ行ったのだから
旅行を満喫できなかったら意味がありません。

こんなことを予防するために役立つのが
金額的には絶対無理だから、と諦めてしまったあこがれのツアーパンフレットです。
最高級のものを見れば、激安ツアーがどんなものかも見えてきます。
たとえば教会を外から見るのと、中まで入ることができるのか、などです。

自分が行くツアーで見れるものと見れないものが分かったら
本当に行きたい場所なのか、いけなくてもいい場所なのか
自由時間を利用して自分で行くことができるか、あきらめるかなど
事前に選択をすることができます。

旅行は誰と行く?

せっかく旅行に行くのだから、一番仲の良い友人と行きたい。
実はこれ、ちょっと危険な考え方かもしれません。
というのも、親友と旅行した結果、喧嘩になってしまった。
二人の間に距離ができてしまったというケースが多々あるのです。

24時間×8日間もずっと顔を合わせて一緒にいると
いつもは見えていなかった部分が見えてしまうことがあるからです。
特に団体旅行ではツインを指定できることが少なく
旅行の間中、ずっと同じベッドということもあります。
どんなに仲の良い友人でも、ムカッとしてしまうことはあるでしょう。
一緒に旅行に行くなら、姉妹など少し距離のある人がベターと言えるでしょう。

また、時には一人旅を選ぶのも良いでしょう。
誰かに気を使うことなく、気ままに旅行を楽しむことができます。
中には1人部屋追加料金などのかからないものもありますから
一人旅も検討してみてはどうでしょうか?
【絶対に行きたい国】と思っている場所のことを
あなたはどれくらい知っているでしょうか?
パンフレットで見た数枚の写真やなんとなくのイメージで決めていませんか?

満足できる旅行になるかは予備知識で決まります。
たとえば有名な世界遺産トロイがありますが
実は本当にトロイだとは定まっていない、ということをご存知でしょうか?
考古学を学びに行くのであれば、それもまた一興かもしれません。
しかし観光目的で訪れたのであればガッカリしてしまうことでしょう。

【絶対に行きたい国】と思っている国があるなら
その国、その場所がどんな歴史があり、どんな場所で、どこが魅力なのか
事前にある程度調べておきましょう。
テレビ番組、映画、書籍などで最低限知っておきたい知識を蓄えましょう。
そうすれば、行ったけど想像と違ってガッカリという食い違いはなくなるでしょう。
【絶対に行きたい国】、【いつか行きたい国・もう一度行きたい国】と
2種類のリストは完成しましたか?

では、次に大手ツアー会社などのパンフレットやインターネット予約サイトを
使っておおよそのツアー代金を調べてみましょう。

そして【いつか行きたい国・もう一度行きたい国】から
予算の関係上絶対に無理だなと思ったところは二重線で消しましょう。
そして【絶対に行きたい国】は無理してでも行きたい国を5箇所まで
赤ペンなどで印をつけておきましょう。
これで行きたい国の一覧表が完成です。

この一覧表はあなたの旅行への思いと予算が反映されたリストです。
これを念頭に街で見かけるツアー代金や新聞の広告などを
チェックする習慣をつけてください。

日ごろから価格に敏感になっておくことで、価格の動き
ツアー内容に対して大金が妥当かどうかなどが判断できるようになります。
海外パック旅行は様々な要因で価格が変動します。
季節、景気、海外情勢、新路線の開設、キャンペーンなど
そのときどきで同じ旅行先でもトータルで掛かる必要は変わります。

スーパーで買い物をするときに、特売品を元にその日の献立を考えますが
旅行もこの生鮮食品の買い物と同じことが言えるのです。
相場と底値を知ることで、お得に海外旅行ができるのです。
次は絶対この国に行く!と決めるのではなく、
旅行先も特売ツアーによって柔軟に変化させればいよいのです。

そのためにもまず、行きたい国リストを作ってみましょう。
【絶対に行きたい国】、【いつか行きたい国・もう一度行きたい国】と
2種類のリストを作成しましょう。
そしてそれぞれに、1都市滞在型と周遊型のツアーなども書き出してみると良いでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年11月です。

次のアーカイブは2013年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。