2014年8月アーカイブ

ニー・ディフェンダーの是非

アメリカの飛行機で、ニー・ディフェンダーというアイテムを使って
前の座席がリクライニングできないようにした男性が前の席の女性と口論となり
途中の空港で降ろされるというトラブルがありました。

この器具は座席のテーブルの付け根に設置することで
物理的にリクライニングできなくする仕組みです。

ただ、これを無言でつけてしまうのはダメですよね。
凄く自己中心的な商品だと思います。
広く座席を使いたい場合には、エコノミークラスではなく
もっと上のクラスに乗ればいいんです。
仕事でパソコンを使いたい場合などは、前の人に了承をとらなくちゃ。

ただ、同時に問答無用でリクライニングさせるのも良くないと思います。
席を倒すときには、必ず後ろの人に断ってから倒すのがマナーです。

テーブルに飲み物などを置いていた場合には
いきなり座席が倒れてくると、こぼれてしまったりしますからね。
座席も本当は後ろに倒れるのではなく、前のほうにスライドする形で
リクライニングすれば、他人のパーソナルスペースを侵さずに済むんですけどね。
旅行先の楽しみの一つに食事があります。
できるだけ現地でしか食べられないものを堪能したい......
と、思うのですがどうしても口に合わない国の料理というのもありますよね。

口に合わないものを食べるのは苦痛ですし
美味しいと感じないものにお金を払うのも勿体無いです。
口が合わないからと食事を摂らないと、体力が低下してしまうので
それはお勧めできません。
しっかりたべるようにしましょう。

現地のスーパーなどを訪れてみると、サラダなどが売っています。
適当にハムなどを買って、たべるほうが、安上がりでおいしかったりします。
ドレッシングは個別になっているのを日本から持って行くといいですね。
海外のドレッシングは口に合わないことも多いです。
荷物になるものでもないし、使い切ったら捨ててこれるので
使いきりタイプのドレッシングを持参していくといいと思います。
あとはパンとフルーツでも齧っていれば少なくとも朝食には十分でしょう。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。