関西空港に「変なホテル」がオープン。なにそれ?

2019年秋に関西エアポートのりんくうタウンに
「変なホテル」がオープンすると話題になっています。
11月に開業する温泉施設「アクアイグニス」に併設されるそうで
離着陸する飛行機を楽しみながら温泉や宿泊が楽しめそうです。

「変なホテル」はH.I.Sホテルホールディングス株式会社が運営している
最新技術のロボットやシステムを活用したホテルチェーンです。

例えばフロントには人間のスタッフではなくロボットがいます。
ポーターも人間ではなくロボットが務めます。
普通は人間スタッフがやる仕事をロボットたちがこなすホテルなのです。
(もちろん人間のスタッフも見えないところに常駐しています)

一号棟は2015年に長崎県のハウステンボスにオープンしたのですが
恐竜型のロボットなどがあかり話題になりました。
そんな「変なホテル」が大阪にもオープンするのです。

もちろん、子供が喜ぶのは間違いありません。
まるで近未来を訪れたようなユニークなコンセプトですし
大阪に旅行に行く際にはぜひ利用したいですね。

また関西エアポート以外にも
2019年2月に心斎橋、2019年3月に西心斎橋、京都にも
変なホテルがオープンしています。

宿泊費もなかなかお得に設定されていますので
ロボットを抜きにしても魅力的なホテルとなっています。
早朝便や深夜便を利用する際の前泊・後泊などにも便利ですね。

■変なホテル 関西エアポート
住所:大阪府泉佐野市/関西エアポート りんくうタウン内
客室数:100室予定

このブログ記事について

このページは、muticomが2019年7月31日 18:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高級ホテルチェーン「ラッフルズ」が日本進出を検討中」です。

次のブログ記事は「東京ディズニーランドホテルにコンビニってあるの?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。