2019年9月アーカイブ

日本一標高の高いホテルを調べてみた

日本一標高の高いところにあるホテルについて調べてみました。
標高が最も高いのは富士山ですが、富士山には山小屋はあっても
ホテルはありません。

実は日本一標高の高いところにあるホテルは、
富山県にあるホテル立山です。
標高2450メートルにあり、リゾートホテルとしては日本で最も高い場所にあります。

ホテル立山のある山は、立山連峰の立山で標高は3003メートル、
ホテルから山頂まで500メートル余りとなります。
かなり標高の高い位置にあることがわかるでしょう。

なお、ホテルではありませんが日本一標高の高い場所にある
温泉宿も一緒に調べてみました。

こちらも富山県にある、みくりが池温泉という温泉宿で
同じく立山にある地獄谷と呼ばれる場所から源泉を引いています。
温泉宿の標高は2410メートルで、ホテル立山よりは40メートルほど低い位置にあります。
4月中旬から11月下旬までの営業で、冬季は雪深くなるため営業していません。

いずれのホテル、温泉宿も周辺では国の天然記念物に指定されている
ライチョウの目撃情報があります。

これだけ高い位置になると気温が平地よりも20度以上も低くなるほか、
酸素濃度もかなり薄くなります。
長期滞在するというよりは、立山へ観光に行く際の宿泊先として
活用するのが一般的でしょう。

以外にもホテル、温泉宿ともに立山に集中していることに驚きました。
ちなみに、ホテル立山に入っているレストランは日本一標高の高い場所にある
レストランで名前はレストラン立山です。

このアーカイブについて

このページには、2019年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。