国内・海外旅行、ホテルの最近のブログ記事

通常のホテルの客室にはベッドやキャビネット、浴室があるだけです。
食事は外で買ってくるか、レストランで食べる他ありません。

対してアパートメントホテルはアパート型のホテルです。
入り口にカウンターがあり、ホテルスタッフがいるのは一緒ですが
部屋の内部にキッチン、調理器具、電子レンジ、冷蔵庫などが設置されています。
このため、室内で調理をすることができます。
近くのスーパーや市場などで買ってきた食材を自分で調理して食べられます。

また洗濯機、場合によっては乾燥機もついており
洋服を洗濯することも可能です。
現地で暮らしているように滞在することができます。

海外ではこうした形のアパートメントホテルは珍しくありません。
1泊から予約できますが、ほとんどの場合は長期滞在者が利用しています。
予約は他のホテルと同じように予約ができます。

長期滞在する際や、大人数で宿泊する場合など
自分で調理することができるため、現地での食費を抑えることができます。

注意が必要なのは「アパートホテル」と間違えないようにすることです。
「アパートホテル」は一般的な住宅の空き部屋をオーナーが貸し出しているもので
こちらにはホテルのカウンターがありません。
ホテルとして看板が出ていないこともあります。
この場合、オーナーと連絡を取り合わなくてはいけないため注意が必要です。

この名称ですが、国によって意味が反対になることもあるようです。
自分が宿泊する場所がどちらに属するのか
きちんと確認した上で予約をとるようにしてください。

日本一標高の高いホテルを調べてみた

日本一標高の高いところにあるホテルについて調べてみました。
標高が最も高いのは富士山ですが、富士山には山小屋はあっても
ホテルはありません。

実は日本一標高の高いところにあるホテルは、
富山県にあるホテル立山です。
標高2450メートルにあり、リゾートホテルとしては日本で最も高い場所にあります。

ホテル立山のある山は、立山連峰の立山で標高は3003メートル、
ホテルから山頂まで500メートル余りとなります。
かなり標高の高い位置にあることがわかるでしょう。

なお、ホテルではありませんが日本一標高の高い場所にある
温泉宿も一緒に調べてみました。

こちらも富山県にある、みくりが池温泉という温泉宿で
同じく立山にある地獄谷と呼ばれる場所から源泉を引いています。
温泉宿の標高は2410メートルで、ホテル立山よりは40メートルほど低い位置にあります。
4月中旬から11月下旬までの営業で、冬季は雪深くなるため営業していません。

いずれのホテル、温泉宿も周辺では国の天然記念物に指定されている
ライチョウの目撃情報があります。

これだけ高い位置になると気温が平地よりも20度以上も低くなるほか、
酸素濃度もかなり薄くなります。
長期滞在するというよりは、立山へ観光に行く際の宿泊先として
活用するのが一般的でしょう。

以外にもホテル、温泉宿ともに立山に集中していることに驚きました。
ちなみに、ホテル立山に入っているレストランは日本一標高の高い場所にある
レストランで名前はレストラン立山です。
東京ディズニーランドにはローソンなどのコンビニはありません。
ディスニーシーも同じくパーク内にコンビニはありません。

では東京ディズニーランドホテルにはコンビニはあるのでしょうか?
例によってローソンやセブンイレブンなどのコンビニはありませんが、
コンビニとほぼ同じ品ぞろえのショップはあります。

ショップの名前は「ルッキンググラス・ギフト」と言います。
東京ディズニーランドホテルの1Fにあるショップで、
世界観を壊さないような作りになっていて見た目は、
お土産ショップのような雰囲気になっています。

品揃えは本当にコンビニと変わりません。
お酒、ソフトドリンク、お弁当、おにぎり、お菓子、アイスなど
ちょっと小腹がすいたなって言うときに食べたいものが手に入ります。

他にも日用品やベビーフード、もちろんディズニーのお土産もありますし、
なんとATMまで完備しています。
営業時間は早めに閉まるのかと思いきや、24時間営業なので
深夜でも利用することができます。

ディズニーランドホテルになるとレストランでの食事をイメージすると思いますが、
そうなると高くついてしまいます。
世界観を壊したくないという人は、レストランの利用をオススメしますが
余りこだわらない人は「ルッキンググラス・ギフト」を利用してみてください。

あとパークで疲れてしまった方の為に、滋養強壮ドリンクも販売しています。
歩き疲れてしまったお父さんにオススメしたいところです。
2019年秋に関西エアポートのりんくうタウンに
「変なホテル」がオープンすると話題になっています。
11月に開業する温泉施設「アクアイグニス」に併設されるそうで
離着陸する飛行機を楽しみながら温泉や宿泊が楽しめそうです。

「変なホテル」はH.I.Sホテルホールディングス株式会社が運営している
最新技術のロボットやシステムを活用したホテルチェーンです。

例えばフロントには人間のスタッフではなくロボットがいます。
ポーターも人間ではなくロボットが務めます。
普通は人間スタッフがやる仕事をロボットたちがこなすホテルなのです。
(もちろん人間のスタッフも見えないところに常駐しています)

一号棟は2015年に長崎県のハウステンボスにオープンしたのですが
恐竜型のロボットなどがあかり話題になりました。
そんな「変なホテル」が大阪にもオープンするのです。

もちろん、子供が喜ぶのは間違いありません。
まるで近未来を訪れたようなユニークなコンセプトですし
大阪に旅行に行く際にはぜひ利用したいですね。

また関西エアポート以外にも
2019年2月に心斎橋、2019年3月に西心斎橋、京都にも
変なホテルがオープンしています。

宿泊費もなかなかお得に設定されていますので
ロボットを抜きにしても魅力的なホテルとなっています。
早朝便や深夜便を利用する際の前泊・後泊などにも便利ですね。

■変なホテル 関西エアポート
住所:大阪府泉佐野市/関西エアポート りんくうタウン内
客室数:100室予定
1887年に改行したシンガポールの超名門ホテル
「ラッフルズ・ホテル」が日本上陸を検討しているそうです。

なんでも「日本には高級ホテルが不足している。
特に京都は最上級のホテルを求める欧米客が多く
もっと多い方がいい」と代表がインタビューに答えたとか。

ラッフルズホテルはシンガポールを代表するホテルで
コロニアル様式が大変美しい最高級のホテルです。
1泊最低12万円~の全室がスイートです。
チャーリー・チャップリンなど数多くの著名人が宿泊していることでも知られます。

そんな高級ホテルが建設されるのはどこなのか?
京都ではないか?大阪ではないか?やっぱり東京ではないか?と
話題になっているようです。

一体どこに建つのでしょうか?
個人的な予想では大阪ではないかなと考えています。
大阪万博があり欧米からも多くの訪問客が訪れるのは必至です。
万博が開催されるのは2025年なのでまだ余裕がありますよね。

京都に観光に訪れる方も、空港は関空を利用しますからね。
大阪に拠点を置けば京阪電車で京都まではすぐ到着します。
交通の便等から考えても大阪が最有力候補なのではないかなと思います。

万博のパビリオンを見て、京都にも足を運べて空港も近い大阪に
ラッフルズ・ホテルが建設されたら凄いことですね。
なかなか宿泊できるレベルのホテルではありませんが
本当に特別な日の宿泊に泊まりたいですね。
普通のホテルでは味わえないような特別な一日を過ごすことができそうです。
クラブフロアは施設や設備が通常よりもワンランクアップするフロアです。
エグゼクティブフロアと呼ばれることもあります。
このクラブフロアが設置されているのは大手ホテルグループや高級ホテルと呼ばれるホテルです。

多くの場合、夜景が楽しめる高層階に設置されており
そのフロアに宿泊する方のみが入れるようにルームキーなどでアクセスが制限されています。
一般フロアに宿泊している場合、クラブフロアに立ち入ることはできません。

いわゆるスイートルームやデラックスルームに宿泊する人だけが利用できるエリアなので
高額で一般人にはなかなか手がでないのでは?と思われがちですが
利用方法によってはそれほど高額ではなく、利用しやすい価格帯となっていることもあります。

例えばクラブフロアに設置されているクラブラウンジでは時間に合わせて軽食が提供されています。
サンドイッチやスイーツ、オードブル、朝食の時間帯にはビュッフェなどが無料で提供されています。
カクテルなどのドリンクも飲み放題となっています。
またクラブフロアに宿泊される場合、チェックインカウンターが別の場所に設置されており
チェックイン時の混雑も避けてスムーズに部屋に通ることができます。

クラブフロア特典はホテルによって多少前後しますが
特典があることを考えると必ずしも「高額!!」と言うわけではありません。
快適さをお金で買うと思えばお得だと感じる方もいるでしょう。

ただし、子連れ利用は注意が必要です。
クラブラウンジには年齢制限が設けられている場所も多いからです。
子連れでクラブフロアに宿泊する場合には事前に確認したほうが良いでしょう。
エクスペディアは旅行に関するお得な情報が満載ですが、
それらの情報をサイトにアクセスすることなく手にすることができるのが、
エクスペディアから新登場のアプリです。
どのような便利アプリなのか見てみましょう。

■国内外の旅行に関する情報が満載
旅行に関する各種情報をリアルタイムで確認できます。
旅行に行く予定がなくても、今人気の旅行地などを簡単に知ることができますし、
決まった行き先でどういった楽しみがあるのかもわかります。

■お得な割引
エクスペディア会員プログラムのポイントが2倍になります。
さらにアプリ利用者限定の割引もあります。
価格帯に関係なくモバイル限定割引を受けることができます。

■サポートが充実
年中無休で日本語対応のカスタマーサポートを受けることができます。
旅程の確認や、現地の地図を確認するなどの便利機能が充実。

■総評
このように旅行に関する情報はもちろん、実際に旅行を計画実行する上で
お得になるサービスが満載なので使わない手はありません。
その都度、エクスペディアのサイトにアクセスする必要もなく、
アプリを起動するだけで便利な機能を利用できます。

滅多に旅行しない人もこのアプリを活用することで、
自分に最適な行き先を簡単に見つけることができますし、
行き先が決まった後もサプリでサポートを受けられるので
一度使ったら手放せなくなるアプリに間違いありません。
エクスペディアで始まった新サービス「アドオン」について、
そのサービスの内容からどれぐらいお得なのか調査してみました。

■新サービス「Add-On(アドオン)」とは?
エクスペディアで航空券もしくは航空券+ホテルを予約すると、
予約完了から出発日までの間、割引料金でホテルの予約ができるサービスです。
割引額は対象ホテルによって異なりますが、最大で51%OFFのお得料金となり
自分にあったホテルをじっくりと選ぶことが可能です。

■サービス導入の契機は何か?
エクスペディアには航空券とホテルを同時に予約すると、
ホテル代が最大全額OFFという予約サービスがありますが、
日本人の39%は航空券とホテルを同時予約すると回答したのに比べ、
「航空券を先に予約しておき、ホテルはその後に予約する」と答えた人も、
全体の38%に上ることがわかりました。
約40%近い人たちへのお得なサービスを提供するために、
「Add-On(アドオン)」の導入へと進んだようです。

■Add-On(アドオン)の適用条件と予約方法とは?
適用条件は以下になります。

・エクスペディアで航空券もしくは航空券+ホテルを予約した人
・予約した航空券の旅行日程内で対象ホテルが割引
・往復航空券を予約した場合、往路便出発の3日前から、
 復路便到着の3日後までのホテル滞在が対象
・片道航空券を予約した場合、出発日の2週間前から出発日の2週間後までの
 ホテル滞在が対象
※なお、対象の日程であれば、航空券で予約した渡航先以外の場所でも
 割引の対象となります。
航空券には使用者の名前、性別、年齢などが記載されており
注釈として「チケットに記載のご本人のみが使用できます」という
内容の一文が書かれています。

つまり航空券の名義と違う人は搭乗することはできません。
それは家族であっても別の人が使うことができないことを意味していて、
ネットオークションなどで転売することも禁止と言えます。

もし名義と違う人がチケットを使って搭乗したらどうなるのか、
ANAやJALのWebサイトには以下のような注意喚起があります。

「不正搭乗が発覚した場合は、所定の違約金を申し受けることになります。
 状況次第では法的手段を講じることもあります。」

違約金がどの程度の金額なのか分かりませんが、その路線の定価に
何らかの金額をプラスしたものではないかと思われます。

では、搭乗者が変更になる場合はどうすればいいのでしょうか?
名義変更手続きは行っていないので、搭乗者が変更になる際には
手持ちのチケットは使えなくなるため払い戻しをして新たにチケットを
購入することになります。

人気の路線の場合、キャンセル待ちが発生していることもあるので
一旦キャンセルすると同一時間の路線を新たに購入できないこともあります。

なお、LCCのジェットスターは名義変更を受け付けていますが、
手数料が発生しかつ運賃差額が発生する場合は差額を支払うことになりますし、
変更時の運賃が予約時より下回っていても差額の払い戻しはありません。
海外に旅行しても自分で車を運転したい人もいるでしょう。
そこでポイントになるのが免許と保険についてです、
どういった手続きが必要になるのか、制限はないかなど見てみましょう。

・国際運転免許証が必要
日本では正式名称を国外運転免許証と言いますが、一般的に国際免許と呼ばれます。
これはジュネーブ条約に加盟している国家間で、運転が認められるもので
各都道府県にある運転免許センターで発行することができます。

有効期間は1年で普通自動車免許証を取得していて、有効期限の残りが1年以上あること
が発行の前提条件となります。
仮に有効期限が1年を切っている場合は、免許証更新手続きを同時に行うことで
発行することができます。
運転免許センターであれば即日発行可能で、警察署になると2週間ほど掛かります。
申請には運転免許証、パスポート、顔写真、手数料が必要です。

・自動車保険への加入
海外で車を運転する場合、レンタカーを借りることになると思いますが
必ず自動車保険に加入しておきましょう。
万が一、事故を起こしたり巻き込まれた時に保険が無いと大変なことになります。
海外旅行保険サービスに自動車保険が含まれている場合は、その内容を確認。
含まれていなければ、新たに現地で保険に加入しましょう。

・運転時の注意点
海外での運転は標識や左ハンドル、右折方式などが異なることがあります。
旅行前に渡航先の交通ルールをしっかりと確認しておきましょう。
日本と同じ感覚での運転は絶対に避けて、近距離移動であれば公共交通機関や
タクシーを利用するのも1つの方法です。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち国内・海外旅行、ホテルカテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは旅行予約サイトの紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。